HOME > スタッフの生活 > 2018年度安全衛生標語表彰

スタッフブログ

ブログトップへ

2018年度安全衛生標語表彰 カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ

2018/06/07 更新

当社では、安全衛生活動の一環として年に1回全社員に「個人別安全衛生個人活動目標」、
「安全衛生標語」の提出をしてもらっています。

社員の安全衛生意識向上をはかり、全員参加による安全衛生活動の取り組みの一環とすることを目的としています。

2018年度はグループ会社含め全177名、安全標語299個の提出がありました。

その中から 社長賞、最優秀賞、優秀賞、佳作 と12個を選出し、5/26に表彰式を行いました。

写真は表彰式です。

 

20180607-1-1_compressed

 

表彰された安全標語の一部をご紹介します。

・社長賞 :「災害は 無理と油断と 焦りから」(東京営業所・細江宏紀)
・最優秀賞:「安全の 改善・改革 終わりなし」(取締役・銭廣祥二)

表彰された標語は、月に1個ずつポスターで社内掲示をしています。

当社は安全第一で仕事を行っています。

安全衛生活動に対して自分は何をするか宣言することにより、意識付けにも繋がります。

これからも社内の安全衛生活動に対して、安全衛生委員会中心に取り組んでいきます。

段ボールのことなら、ご相談だけでもお気軽にお問合せ下さい!

ページ先頭へ

© 2013 協和ダンボール