HOME > 2014 > 11月

スタッフブログ

ブログカテゴリはこちら

            
  • ダンボールの紹介
  • ダンボール以外の製品紹介
  • 営業案内・お知らせ
  • 会社イベント
  • スタッフの生活

陸上部も頑張っています! カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ

2014/11/27 更新

11月16日(日)第61回中山道東濃駅伝競走大会に協和ダンボール陸上部が出場しました。

この大会は東海地方を代表する駅伝大会で、会社としては今回で14回目の出場で、昨年6位に入賞した事もあり計画的に練習を積んで今年も良い成績を収められるよう気合を入れて挑みました。

●武並中継点の様子
ここ武並では3区の走者から4区の走者にタスキが渡ります。


第1走者通過の15分前
沿道には近隣から応援が増え続けています。


間もなく走者が到達することを伝えながら関係車両が通過します。
走者、付添、スタッフ、沿道にもピリッと緊張が走ります。


第1走者が到達し、次々タスキが渡っていく中、ついにゼッケン49がコールされ、協和の4区走者・三宅(写真左)がスタンバイします。
沿道の応援もすでに最高潮に達しています。


3区走者・早川が見えてきました。


ラストスパート!


1区スタートから1時間14分、3区から4区へタスキが渡りました!
沿道からはすべての走者に惜しみない声援が贈られます。

当日の天気も良く走るには絶好の条件でしたが、結果としては昨年より合計タイムが良かったにも関わらず、31チーム中10位※という結果で入賞を逃してしまいました。
※一般Bの部門

ランニングブームで出場チーム数も多くなり、大会のレベルが上がった事もありますが、皆満足感よりも悔しい気持ちの方が大きいです。
選手は年々高齢化していますが、体にムチを打ってこれからも練習をして良い成績を収められるようにしていきたいと思います。

応援してくれた社員や関係者の方がたくさんいましたが、沿道でも「協和さん頑張れ!」といろいろな方に声を掛けて頂いたので、この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました!!


選手や付添の家族も参加しての打ち上げ会の様子。
労をねぎらいつつ、全員が大会を振り返り、来年への抱負や目標を宣言しました。

今後も応援よろしくお願いします。

陸上部

クローラーに子ども大喜び カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ 製品への取り組みと紹介

2014/11/18 更新

社内のイベントの折り、ダンボールクローラーを参加していた社員の子ども(3歳児)に与えてみました。
クローラーを見るのも触るのも生まれて初めてですが、すぐに「ブルドーザーのキャタピラだ!」と興味をもって遊び始めました。
クローラーを見るのも触るのも生まれて初めてですが、すぐに「ブルドーザーのキャタピラだ!」と興味をもって遊び始めました。

アスファルトと草地の段差を越えたり、
アスファルトと芝生の段差を越えたり、|ダンボールクローラーで遊ぶ子04

砂山に乗り上げたり、
砂山に乗り上げたり|ダンボールクローラーで遊ぶ子03

突然逆走したり、
突然逆走したり|ダンボールクローラーで遊ぶ子02

1人では心細いらしく、周囲の大人を引っ張り込み、気が付けば1時間以上も飽きずに敷地内を移動し続けていました。
ダンボールクローラーで遊ぶ子01

最近、子どもと体を目一杯使って遊んでいますか?

ダンボールクローラーの詳細はコチラ

開発部

製函機の紹介 カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2014/11/17 更新

今回は製函部署でのダンボールケースを造る機械の紹介をします。

現在製函機は3台ありその内の1台は2直体制で稼働しています。

下の写真はその内の1台、三菱製「サミットⅡ100」です。

20141113-1_compressed

この機械は3色印刷でグルー貼り(糊貼り)、自動結束をしてロボットによる積み上げを一連の作業で行います。

通称「サミット」と呼んでおり1分間で300枚製造する高速機です。

主に寸法の小さい物や枚数の多い物等を担当する機械です。

現在この機械では2直体制を行っておりオペレーターは5名で稼働しています。(通常勤務は3名、夜勤時は2名)

 

機械も時代に合わせ自動化が進み、最近ではオートフィーダ(自動給紙装置)が新たに更新され

2名体制が実現できました。

写真①はオートフィーダにより無人で製造している様子です。

20141114-2(文字挿入)

写真②は製品の検査装置で製品のズレ、曲がりをチェックする事により品質の安定にも

ますます力を入れてます。

今後も製函部署で機械の紹介等を行っていきたいと思います。

 

 

どんどん出そう改善提案!(貼合部署) カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2014/11/10 更新

貼合部門では今年度より発足した改善提案委員会への改善提案書は

なかなか多く提出されています。

 

その中でも注目したいのが安全に関する改善が多く出されているところです。

同じ安全に関する改善でも業者に依頼をしなければならない改善、

自分で出来る改善色々ありますが、安全に関する改善が多く提出された事は

皆の安全に対する意識レベルの向上だと思います。

 

提出例の中には機械の上へ上がる階段に滑り止めテープを貼ったという

改善もあります。

 

どの部署でも考えられる改善ではありますが、「滑るな~と感じる事」

「何とかならないかな~」そして自らアクションを起こせた事が

評価出来るのではないでしょうか。

20141106画像_compressed

 

今後も改善活動の活性化で安全・品質・操業の更なる向上を目指します。

 

貼合部署

 

ダンボールクローラー発売 カテゴリー: 営業案内・お知らせ 社員ブログ 製品への取り組みと紹介

2014/11/04 更新

先ごろ、通販サイトでは運動会やレクリエーションでおなじみ、通称:ダンボールキャタピラの販売を始めました。
中に入って這いながら進むアレです。
ダンボールをテープでつないだだけの簡素な遊具ですが、運動会で使えば観客までもが盛り上がるスグレモノです。

写真は成人男女がダンボールクローラー中に入った様子です。
↑成人男女がダンボールクローラー中に入った様子です。

これを使った競技やレクを我々がネット検索した限り、そのすべてが手作りのようでした。
子ども達が使用済みのダンボールを集めてテープで繋ぎあわせる、そんな制作光景もほほえましいものですが、
廃材を使う以上、寸法が不揃い、必要な量が確保できない、衛生面での不安が残るなど、問題がゼロではありません。

「寸法を揃えたい」、「必要な数を、お願いした日までに届けてほしい」、「きれいなダンボールで遊ばせたい」、
そんなリクエストに対応し、諸問題をすべて解消するのが協和ダンボールの「ダンボールクローラー」です。
メーカーならではの品質とラインナップにもご満足いただけるはずです。

余談ですが、弊社ではキャタピラー社の商標に考慮し、この商品を「ダンボールクローラー」と呼ぶことにしました。

使い方に合せて3つの寸法をご用意しています。
 

ダンボールクローラー小,通称ダンボールキャタピラ ダンボールクローラー 小

子どもが1人ずつ入るのに最適です。
幅、総延長とも小く、軽量なので幼稚園児でも使用できます。

目安定員:子ども1人
重量:1.8kg
ダンボールの厚み:8mm

ダンボールクローラー小
ご購入はコチラ⇒

 

ダンボールクローラー中,通称ダンボールキャタピラ ダンボールクローラー 中

大人も入れるクローラーです。
小ではちょっと窮屈な小学生にもおすすめです。

目安定員:大人1人
重量:2.8kg
ダンボールの厚み:8mm

ダンボールクローラー中
ご購入はコチラ⇒

 

ダンボールクローラー大,通称ダンボールキャタピラ ダンボールクローラー 大

幅も1メートルと大きく、大人と子供が並んで入れる大きなクローラーです。
親子で仲良くレースをお楽しみいただけます。

目安定員:大人1人+子ども1人
重量:3.5kg
ダンボールの厚み:8mm

ダンボールクローラー大
ご購入はコチラ⇒

 
ダンボールクローラーはコンパクトに折りたたんだ状態でお届けします。
ダンボールクローラーはコンパクトに折りたたんだ状態でお届けします。

楽しい運動会にはぜひダンボールクローラーをご利用ください。

開発部

新システム勉強会&業遊会 カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ

2014/11/03 更新

今年の12月で新システムを導入し、2年目を向かえます。

業務部の方針の中に『新システムを駆使して受注効率・事務処理能力を高める』を掲げ、
小集団活動を中心に取り組んでいます。

基本操作から、マスター登録の反映の仕方、その反映について考え知識を高めました。

また、部署内だけでなく営業部やグループ会社に向けてシステムについての勉強会を実施しています。

新システム勉強会&業遊会1_compressed

第2回目の業遊会を8月に行いました。

今年入社した営業部の新人2名も業務研修中であった為参加してもらいました。

仕事以外でのコミュニケーションを取ることが出来、楽しい時間となりました。

そして、第3回の業遊会では忘年会を計画中。

どんな忘年会になるのか今から楽しみです!!

新システム勉強会&業遊会2_compressed

 

 

 

段ボールのことなら、ご相談だけでもお気軽にお問合せ下さい!

ページ先頭へ

© 2013 協和ダンボール