HOME > 2015 > 2月

スタッフブログ

ブログカテゴリはこちら

            
  • ダンボールの紹介
  • ダンボール以外の製品紹介
  • 営業案内・お知らせ
  • 会社イベント
  • スタッフの生活

迷路でテレビを呼ぼう カテゴリー: 社員ブログ 製品への取り組みと紹介

2015/02/27 更新

2015年2月のダンボール迷路の出荷実績を更新しました。
年明けから春に向けては緩やかに、春から夏にかけて急増、秋に大爆発、年末に向けて穏やかになり年明けにいったん収束、というのが例年の流れのようです。

ところで、規模や宣伝方法にもよりますが、ダンボール迷路でテレビや新聞などのメディアが呼べる(かも知れない)のをご存知ですか?
ダンボール迷路でテレビを呼ぼう

(某ニュース番組の一コマ)

今月、北陸の某施設から大量の迷路のご注文いただきましたが、そちらのイベントは昨年に引き続きニュース番組に取り上げられました。
あのNHKでも紹介されたほどです。
国内最大級の250マスを展開したなどのニュースバリューもありますが、子供達が実に楽しそうに遊んでいる様子は見ていてほほえましく、ニュースにも最適です。

イベント開催の際はポスターや折り込み広告だけでなく、メディアに告知(プレスリリース)をすると言うのも大事なことかもしれません。
好循環イラスト
理想論と笑われそうですが、事実ダンボール迷路が起爆剤になる例もあります。
もし新聞やニュースなどで客観的に取り扱ってもらえれば知名度も注目度も高まり、ますますイベントが盛り上がります。
まずは地元紙などから取り組んでみてはどうでしょう?

ダンボール迷路の詳細はコチラ

開発部

新営業部長紹介!!!  カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ

2015/02/23 更新

本年度より、新しく加入された方の紹介をしたいと思います。

6年間業務部長として、任務を果たし、今年から営業部長として就任します…

杉山 営業部長 です。

一言コメントを頂きたいと思います。

よろしくお願いします。

本人コメント

6年ぶりの営業復帰になりますが、本社営業部方針を達成する為、営業部員と力をあわせ全力を尽くしていきます。
営業①

製函②の取り組みⅢ  カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2015/02/16 更新

製函②チームは、今回は現在各ポジションで取り組んでいることを紹介します。

 

「生産技術」

この部署では、機械修理・機械改善・予防保全を行っています。朝夕に機械を

見回ることで、機械の異常がないかを確認しています。

「異音」や「注油箇所の油量」「作業者からの聞き取り調査」を行う事で、

機械が健全な状態で稼働出来ているかを確認し、機械を停止させない様に

働きかけています。

 

製函②の取り組みⅢ1_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生産計画」

各機械が同じ時間で終了出来る様に、製品の点数調整や効率を上げられる

ように、負荷調整を行い生産計画表の作成を行っています。

 

製函②の取り組みⅢ2_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更なる効率向上を目指して「生産技術」「生産計画」はこれからも

仕事をしていきます。

 

 

製函機の紹介② カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2015/02/09 更新

今回は製函機の紹介第二弾としまして、ジャンボFFG【JFFG】の紹介をします。

エクオス

写真の機械は梅谷製『エクオス』3色印刷、ダブルスロッタ*、オーバーブリッジ*で通称JFFGです。
前回紹介をした『サミット』とは対照的で生産速度MAX150枚/分の低速機です。
もちろん結束機とロボットも設備しています。
JFFGの特徴としまして、大きなケースや小ロット、特殊製品(2P*、C式*など)を担当しています。
機械スペックもありますが、だいたい何でもこなす機械です。 
 
エクオス エクオス
上の写真はダンボールケースを製造する時の状態です。
  
エクオス エクオス
さらにこの写真は特殊な製品を製造している時の状態です。

製品の形状や特徴に合わせ最適な製造ラインに変化します。
JFFGはセット時間の早い事も特徴の一つです。
オペレーターも若い社員が多く、今後が楽しみな機械の一つです。
次回も製函機の紹介③を行います。

ダブルスロッタ*…
刃物が2つ設置されていて、溝切りの刃物が単独になっている。大きなケースを製造する事に適している。

オーバーブリッジ*…
機械に階段と橋(ブリッジ)が設置されていて、通常の製品を流すラインと半製品を流す用のラインが別になっている。

2P*(ツーピース)…
通常は1枚の段ボール板から作られている箱を2つのパーツに分けて途中まで作り、最後に繋ぎ合わせて箱にする加工方法。

C式*…
蓋と身という2つのトレー状のものを被せ合せて箱にする形のもの。額縁のような製品を梱包するのに使用する。

詳しくは(株)梅谷製作所様ホームページをご覧下さい。

貼合部門 今年も頑張ります! カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2015/02/02 更新

2015年もスタートして、あっという間に一か月が過ぎました。
今年も大きな目標を立てており、達成する為に日々努力しています。

製造業ではどこも安全・品質・操業この三つを掲げているのではと思います。安全、品質には特に力を入れて取り組んでおり、 「安全は何よりも優先する」 これを合言葉に全員が目標に向けて頑張っています。

我々貼合部門では、昨年1名の新入社員を迎えており、もうすぐ入社して1年が経ちます。入った当初は慣れない作業に苦戦していましたが、今ではすっかり一人前。周りの先輩社員もそんな新人の成長に刺激を受けて、良い雰囲気になってきました。

まだまだ寒い日が続きますが、体調管理に気を付けて頑張ります。

貼合部門

段ボールのことなら、ご相談だけでもお気軽にお問合せ下さい!

ページ先頭へ

© 2013 協和ダンボール