HOME > スタッフの生活 > 第40回市長旗争奪市民ナイター野球大会

スタッフブログ

ブログトップへ

第40回市長旗争奪市民ナイター野球大会 カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ

2018/09/25 更新

今年、野球部は第40回市長旗争奪市民ナイター野球大会に参加いたしました。


6月26から7月31にわたって、AブロックとBブロックに分けられ、予選が行われました。
結果としましては、得失点差で、1位通過することができました。


次は決勝トーナメントです。
準決勝では、選手達の粘りと好プレイで勝つことができ、見事決勝へ進むことが出来ました。



決勝戦 9月11日 協和ダンボール 対 恵那市役所さん


1点を先制され、さらに追加点を奪われる苦しい展開となるも、中盤に1点を返し白熱した試合展開に。
そのまま1点差で最終回を迎えました。


最終回表、協和の攻撃。
8月末の別大会で悔しい思いをしたこともあり、このままでは終われないと、協和の怒涛の反撃がはじまりました。


先頭加藤(優)が出塁し、二死となるも盗塁を決め2塁へ進塁。
2番小木曽の打球は内野エラーを誘い、加藤は一気にホームイン!ついに同点に。


打席には先日の試合でホームランを放った3番森川。
みんなの期待を一身に背負いバッターボックスへ。勝負!!


カキーン! 


鋭い打球はあっという間にレフトの頭上を越え2ベースヒット!この間に小木曽はホームへ帰り、逆転に成功。
1点を勝ち越し最後の守りに。


最終回裏、2アウトを取るもヒットを打たれ、同点のランナーが1塁へ。一打同点・逆転の場面となり緊張が走ります。
さらに次打者の打球はレフト線へ長打コース!1塁ランナーは一気にホームへ。


打球に追いついたレフト小谷から矢のようなバックホーム!
ショート柘植がカットし、キャッチャー加藤(優)へストライク送球!
本塁クロスプレイはタッチアウト!!
劇的な幕切れとなり優勝することが出来ました。


ナイターのため仕事が終わってからの試合で、体力的にも気力的にも大変だったかと思いますが、
みんなが気持ちをひとつにし、あきらめずに取り組んできた成果が出たのだと思います。
今期もなかなか試合人数が集まらない中、若手が積極的に参加し、試合や審判をこなしてくれました。
活気ある野球部を守り続け、進み続けていけているのは若手選手達のおかげだと思います。
ありがとう、おつかれさまでした。
応援にきていただいた方々、ありがとうございました。
これからも協和ダンボール野球部をよろしくお願い致します。

IMG_9861_圧縮済み
(左上から、浦田、柘植、森川、小木曽、加藤(智)、安藤。左下から、加藤(優)、徳重、藤井、髙木社長、小谷、三浦(剛))

段ボールのことなら、ご相談だけでもお気軽にお問合せ下さい!

ページ先頭へ

© 2013 協和ダンボール