HOME > スタッフの生活 > 歩山部 in 唐松岳

スタッフブログ

ブログトップへ

歩山部 in 唐松岳 カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ

2018/11/23 更新

今年も残り1カ月少々となりました。日を追う毎に寒くなってきていますが、体調を崩さないよう気を付けてくださいね。
さて歩山部は9月末に長野県の唐松岳へ行って参りました。

今回はいつもと違い、唐松岳頂上山荘で一泊する計画です。

あ 圧縮済み (9)_compressed
車を駐車場に停め、出発進行!

あ 圧縮済み (12)_compressed
まずは八方アルペンラインのゴンドラやリフトを利用して標高1800m付近区まで上がります。

あ 圧縮済み (17)_compressed
カモシカ?!を発見しました。

あ 圧縮済み (20)_縮
冬とはまた違ったリフトからの景色が楽しめました。

あ 圧縮済み (22)_compressed
黒菱平にて このあともうひとつリフトに乗ります。

リフトの最終地点から山頂までは標高差が800m。

この地点から途中の八方池付近までは初級者コースと上級者コースに分かれています。私たちはパッと目についた初心者コースに進みました。歩きながら地図を見ると上級者コースに比べ大きく遠回りになっており「こんな最初から余分に歩くなんて失敗した」と話したのですが、そんな気持ちは下山時にひっくり返ることになりました。その理由は下山中の文に書いておきます。

い 圧縮済み (5)_compressed
初心者コース トコトコと歩けるような直線の道が多かったです。

い 圧縮済み (14)_compressed
八方池をバックに。

い 圧縮済み (10)_縮
昼食タ~イム。

エネルギーを補充したところで登山再開です。

う 圧縮済み (6)_compressed
多くの山道が山の斜面に沿ってありました。常に足元を注意して歩かなければなりません。

う 圧縮済み (17)_compressed

登山前のネット情報で、『楽なアプローチで登山時間も短く、途中に難所もないため初級者に人気がある』と書いてありましたがそれはすぐに実感できました。多くの山は坂道や階段のような道を上がっていくのが定番だと思います。唐松岳は上がっていくにつれて険しい道もありましたが、ここは山頂に着くまでの山道が、平らな道やちょっとした下り坂が多々ありました。そのおかげで体力的にも精神的にも助かりました。

う 圧縮済み (18)_compressed
足が痛くなって、呼吸も荒くなって、しんどくなって、すぐ休憩になってしまっても、先輩方は嫌な顔ひとつせず励ましてくれました。

う 圧縮済み (21)_compressed
また歩きながら過去の笑った体験談を話してくれたり、エネルギー補給などの行動食を分けていただき、大変助かりました。つらいときに誰かがそばにいてくれることがとてもありがたくて、頑張ろうと思えました。

進むにつれ道がだんだんと細くなっていきます。みんな慎重に一歩一歩進んで行きました。

う 圧縮済み (60)_compressed
幅が大人一人分しかないような道もありました

う 圧縮済み (72)_縮
本日の登りで最後の難所をクリアー!山荘はもう目の前です。

う 圧縮済み (84)_compressed
山荘に到着。

え 圧縮済み (34)_compressed
山々の景色や雲海に迫力があり、達成感も加わって、とても感動しました。

え 圧縮済み (5)_compressed
荷物を部屋に置き、山荘前のベンチで全員揃って乾杯!

え 圧縮済み (13)_compressed
下から突き上げてくる風がとても強くて寒かったですが、話がはずみとても楽しい時間が過ごせました。

え 圧縮済み-(52)縮_縮縮
山荘での夕食を終え、ホッと一息、それぞれが今日の出来事に耽りながら寝床につきました。

お 圧縮済み (12)_compressed
早朝、日の出を見て。

お 圧縮済み (24)_compressed
山頂(2696m)へ。 山頂は山荘から見て右上側にあります、全員が無事到達できて感無量!

お 圧縮済み (35)_compressed
山頂側から見た山荘はとても綺麗でオシャレでした。

朝食を食べたら、下山開始です。

か 圧縮済み (9-2)_compressed
もう下るだけなのですが、油断は禁物、足元を確かめながら慎重に足を進めます。

か 圧縮済み (24)_compressed
堂々としつつも、しみじみ感が溢れています。うーん、かっこいいですねぇ 見入ってしまいます。

か 圧縮済み (24-2)_compressed
青空のなか、雲海を見下ろしながらの写真は爽快です。

か 圧縮済み (29)_compressed
晴れた空の下、景色を見渡しながら下山していくのはとても感動的でした 空を飛んでいるかのような気分にもなるようです。

その後、八方池を横目に例の二手に分かれる場所まで来ました。
最初に行けなかった上級者コースで下って行こうと決め、進んだところ連続的な階段など思った以上のハードさにびっくりしました。山道の角度が全然違うようで、体力のない私は上りが初心者コースで良かったと思いました。

き 圧縮済み (3)_compressed
帰りのリフトはやりきった達成感と一望できる景色の良さに感慨深いものがありました。

き 圧縮済み (5)_compressed
今回も全員が無事に帰って来られて良かったです。

出発日の前日までは天気予報が雨だと言われていて、前夜まで中止にするのかしないのか悩んでいましたが、白馬村まで到着してみれば怪しい雲はどこへやら。
2日間ともとても天気に恵まれ良かったです。

う 圧縮済み (83)_縮
(唐松岳頂上山荘から白馬村を見た様子)

段ボールのことなら、ご相談だけでもお気軽にお問合せ下さい!

ページ先頭へ

© 2013 協和ダンボール