HOME > 2016 > 12月

スタッフブログ

ブログカテゴリはこちら

            
  • ダンボールの紹介
  • ダンボール以外の製品紹介
  • 営業案内・お知らせ
  • 会社イベント
  • スタッフの生活

業務部での研修スタート カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ

2016/12/19 更新

今年3月に入社をした新人2名が、製造部・開発部での研修を終え業務部での研修が9月から始まりました。

 

仕事の内容は主に、お客様から頂いたご注文の受注処理や営業の補佐等を任されています。

 

なかなか慣れないのが電話対応 (*_*)

 

受話器を取ると慌ててしまい先輩方に助けてもらいながら日々頑張っています。

新人の紹介

20161216_1_compressed               20161216_2_compressed

渡辺亮太です。                        堀田悠馬です。

スピーディかつ、正確に実務を                       お客様に感動していただけるような

行っていきます。                       対応が出来る様、努めて参ります。

宜しくお願いします。                   頑張ります。

歩山部活動・忘年会!! カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ

2016/12/08 更新

11月23日、歩山部では活動・忘年会を兼ねて、瑞浪駅から明知駅近くの喜楽まで歩いて向かいました。

歩山部 活動・忘年会1_compressed

距離にしておよそ18km、時間にして約4時間の道のりは想像以上に過酷でした。

 

今回、歩山部の活動に初めて参加しましたが、この距離を徒歩で移動するのは何年ぶりだろうと、

道中幾度も考えました。

 

日頃の運動不足のせいか、まだまだ若いという思いとは裏腹に、到着する頃には体が悲鳴を上げていました。

歩山部 活動・忘年会2_compressed

何よりも、横を過ぎ去る車を眺め、自動車の利便性を改めて感じました。

 

そんな感想はさておき、4時間も歩くとなると部署関係なしにコミュニケーションを

取ることができ、よりお互いのことを知るきっかけになったと思います。

歩山部 活動・忘年会3_compressed

そして最後は目的地に辿り着き、名物の豚上ホルモンで乾杯をしました。

帰りは明知鉄道に乗車し、17時に恵那駅を解散しました。

休日一日を利用しての活動でしたが、大変満足のいく活動となりました。

 

以上、歩山部の活動報告でした。

 

陸上部行く年来る年’16 カテゴリー: スタッフの生活 社員ブログ

2016/12/05 更新

以前から社員ブログにて更新しておりますが、協和ダンボールには陸上部があります。
『部署の垣根を超えて社員の交流を深め、社員の健康を増進し、活力のある会社を作る』を目標に活動しています。
本年度は第1回中津川リレーマラソンで優勝するなど、会社の知名度向上にも貢献できました。

陸上部には本社の営業、経理、開発、製造を始め、グループ会社の物流運転手など17名が所属しており、
若手からベテラン社員まで幅広い年齢層で活躍しております。

2016年の主な活動としましては、
3月『ひがしみの駅伝大会』、5月『清流木曽川中津川リレーマラソン』、11月『恵那市民駅伝(中止)』に参加し、
優勝を目指して練習してきました。

その他にもパターゴルフやバーベキューなどのレクリエーションを催し、
選手以外の部員や家族同伴参加でも一緒に楽しめるように心掛けております。

清流木曽川中津川リレーマラソンにて
清流木曽川中津川リレーマラソンにて

来年度も各大会で優勝できるように部員一丸となって取り組み、社内外から応援していただけるよう頑張って参ります。

設計レポート vol.011 シロップ入り角瓶×3本緩衝材 カテゴリー: 社員ブログ 設計レポート

2016/12/02 更新

設計レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
vol.011
2016年12月号


シロップ入り角瓶×3本緩衝材

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内容品の入数 3本
輸送方法   宅配便

梱包対象

設計インプット

シロップ入り角瓶を段ボール緩衝材で保護し梱包する。 箱はA式とし、宅配60サイズに収める。
ただし、印刷図柄の関係から高さは設計寸80mmとする。

設計アウトプット

半切と罫線を組み合わせることで、1枚のパッドから緩衝材を組みあげる。
天パッドには取り出しと中身の確認を兼ねた穴が空いているが、A式をカッターで開封した際、刃が製品に当たらないよう穴位置を調整している。


①緩衝材の平状態
②天パッド


③半切と罫線の組み合わせ


④両端を差し込んで形を固定する
⑤底フラップを折り返す


⑥この空間が外からの衝撃を和らげる


⑦天パッドをかぶせ、空間を埋める

段ボールのことなら、ご相談だけでもお気軽にお問合せ下さい!

ページ先頭へ

© 2013 協和ダンボール