HOME > 製造部の取り組み

スタッフブログ

全6件中1件表示12345...最後 >

ブログトップへ

目指せロス率の低減!! カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2020/08/05 更新

協和ダンボール貼合課では、無駄なロスを削減し効率アップを目標にしています。ロスといっても様々なものがあります。
生産する中で、どうしても発生する不可避ロス、原紙剥き紙ロス、トリムロス、工程ロス、巾上げロス、
フルート替えロス、管理可能ロス、検査装置ロス等ダンボールを生産するには、とても多くのロスが発生します。
私たちは、このロスを最低限にする事を目標に頑張っています。
その中でも、管理可能ロスというものが、人的要因であったり、機械停止によるウエイトが高いものです。
貼合課全員でロスに対して意識を持ち、一日の損失金額も見える化する事で、
各個人が何をして削減していかなければいけないのかを明確にする事も大切になってきます。
機械停止を削減することが貼合課にとって、ロス率の低減、生産性のアップに繋がります。
貼合課には若手社員も多く勢いのあるチームです。
ベテランオペレータがいかに仕事のノウハウや、やり方を教えていくことが重要になってきます。
貼合課一丸となって、下期の目標を達成して行くよう頑張っていきます!!

 

20200805-2-1

春から夏へ カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2020/05/21 更新

4月より、この春に高校を卒業した新入社員3名を製造部の一員として迎え入れました。

先輩社員の指導を受けながら、早く戦力になれるようにと日々奮闘しています。

20200520
(製造部では入社1年未満の社員はオレンジ色のキャップをかぶります)

入社しておよそ2か月、慣れない環境に加えこれからいくつかの困難があるかとは思いますが乗り越えて行ってほしいです。

5月に入り、信州も気温が上がる日が多くなってきました。
我々、段ボールシート製造ラインは、紙を接着させるためにボイラー蒸気熱を機械の各ロールに使用するため
工場内の気温がかなり上昇します。
必ず外気温よりも工場内の温度のほうが上がるため、気温上昇は辛いものがあります。
更に現在コロナ禍で全社員がマスクを着用しており更なる暑さを感じます。

早期のコロナウィルスの収束と、今夏が酷暑でないことを願うばかりです。

面板ラック設置 カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2020/05/14 更新

今回は製造部よりカートンマスターでの紹介をさせて頂きます。
下の写真は、この連休明けより使用しています面板保管用ラックに成ります。
面板は、シートが打ち抜きされる際に通ることで刃物の当たりを均等化させるものです。

 

20200514

 

カートンマスター導入から3年目を迎え、新商品も増えていく中、使用する面板の量も増えた事から、
従来の置場での収納・管理が難しくなって来ました。
その為、新たにラックの増設を考え、設置を行いました。
新しいラックでは、1枚単位の仕切りがある事から重量のある面板をオペレーターが扱う上でも
安全・効率面での配慮がされております。
面板の管理状態からセット時間の短縮にも繋がる為、設置の効果をこれから発揮していきたいと思います。

EVOLⅠ カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2020/04/14 更新

寒い冬から春になり過ごしやすい季節になりましたが、日本のみならず世界的にも、新型コロナウイルスの報道で
自粛、縮小、中止、延期などの暗い報道ばかりが流れ穏やかでありません。
当社においても感染予防として、マスクの配布、消毒液による手・指の消毒を行いながら日々の作業に取り組んでいます。

20200413-2

あまりウイルス等気に掛ける事なく出来た仕事や、普段の生活が出来なくなってしまった今日において、
各個人が感染拡大防止に向けた行動を取る事が重要になってきます。
こんな時こそ取るべき行動をよく考え、今まで以上により良い製品を生産出来るようにして参ります。
コロナウイルスに負けない気持ちで取り組み頑張って行きつつ、一刻も早い終息を願うばかりです。

めざせ時間当たり貼合長14.100m!! カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2020/01/15 更新

明けましておめでとうございます。

貼合部署では昨年に引きつぎ、時間当たり貼合長14.100mを目標に2020年の操業を開始しました。

昨年度の問題点を見つけ出し、工場長方針の【基本ルールの定着と、常に相手の事を考え、全員が一丸となる】を
方針に貼合課の個々人が何をやるべきなのかを明確にし、スタートしています。
貼合課として目標達成する事のキーポイントがあります。
まずは機械停止をさせない事がとても大切になってきます。
機械が停まらなければ、貼合長も上がり、停止時間も少なくなり、停止ロスも減少し、コンス、重油の使用も減少します。
その為に何をするかは、【基本ルールの定着】です。
決められたルール通りに作業をしているか、交換部品が期日を越えないように交換が出来ているかなどがあります。
最後にコミニュケーションをしっかりと取り、一丸となって目標達成する事を貼合課全員でめざし励んでいきます。

20200111-1-1

終礼 カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2019/10/21 更新

10月に突入し今年も残り3ヶ月となりました。
今回は、1日の生産終了後の風景をJFFGにて紹介します。
ご覧の写真は終礼の様子になります。
終礼を行う目的は、その日に発生した問題点を吸い上げ
早期解決に繋げる事です。また、報連相の場として活用し
ています。
生産中に不足しがちなコミュニケーションの場として、
各機械で毎日終礼が行われています。

20191017-1

FPS カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2019/08/26 更新

お盆休みの長期休暇も終わり、個々にそれぞれ楽しい夏休みを過ごせたと思いますが、
気分を切り替えまた日々の業務に毎日専念しています。
今回はISOWA製FPSでの作業風景を紹介します。

 

20190826

 

今年も猛暑の為、立っているだけでも汗をかいてしまう気温です。
熱中症予防の呼びかけを行い、管理者・メンバー間で健康状態の確認も行いながら予防に努めています。
FPSでは給紙の際、写真の様に高所からシートを供給する事から体感温度も高く、
この猛暑のなかハードな作業内容となります。
よって、こまめな水分補給・塩分補給にあわせて、適度な休憩時間をとりながら作業が行われています。
この暑い季節も残り少しと思い、工場全体で熱中症に気を付けながら 今年の夏を乗り越えたいと思います。

カートンマスター AP-165EⅢ カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2019/07/01 更新

今回は、旭マシナリー製AP-165EⅢを紹介します。
こちらの機械は、昨年5月に導入した設備です。

 

20190628-1

 

設備更新後、最高打抜速度が6000枚/Hを通紙出来るようになった事と、
より大きな製品を打ち抜く事が可能になり、効率向上に繋がっています。
導入より1年という事もあり、学ぶ所も多く課題はありますが、担当者は努力を重ね、
品質向上と安定操業を目指し日々取り組んでいます。

 

20190628-4

EVOLⅡ 研修期間 カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2019/05/20 更新

3月に新入社員を迎え入れ、早くも2ヶ月が経ちました。
製函部署では2名の仮配属が決まり、4月中旬から特定作業者教育訓練を基に教育を進め、
日々奮闘しながら仕事をしています。
下の写真は、新入社員のK君です。ロボットで積み上げる製品の、積み付けパターンを選択中です。

 

20190520-1_compressed

 

覚える事も多く大変な期間ではありますが、研修中に習得した事を、
今後の業務に活かせるように頑張って欲しいと思います。
特に安全面には充分注意して貰い、指導側の教育にも抜け・漏れが無いよう徹底して行います。
長いようできっと短く感じる研修期間だと思いますが、
今は新しいオペレーターとして今後の活躍が楽しみな日々です。

EVOLⅠ 定位置管理  カテゴリー: 社員ブログ 製造部の取り組み

2019/04/15 更新

今回は、製函機EVOLⅠでの管理方法改善の一部を紹介します。

ダンボールに手掛け用の穴・手掛け罫を入れる木型ですが、お客様からの依頼に沿ったサイズや種類を
製品ごとに使う為、木型の付け間違い・ヒューマンエラーを発生させないために、
誰が見ても位置や種類が一目で分かる仕組みがこちらです。

20190412-1

 

多種多様な木型があり、オペレーターは製造毎にこの中から、注文にあった木型をセットし、
製品を加工します。木型台の改善により見やすくなり、決められた管理状態において、
付け間違いや紛失がなくなりました。
スプレー缶においても、用途にあったスプレーが一目で分かる状態にあります。

20190412-4

 

こちらは細かい部分の写真ですが、左上の写真は手掛罫のABフルート用で、同じ手掛罫でも4種類あり、
木型とサイズ表記に色分けを行う事で、見やすく分かりやすい状態に改善されています。
今回は一部の改善を紹介しましたが、今後も多くの改善を行い、
分かりやすい仕組み作りを進めて行きます。

全6件中1件表示12345...最後 >

段ボールのことなら、ご相談だけでもお気軽にお問合せ下さい!

ページ先頭へ

© 2013 協和ダンボール